読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーニングをしても、筋肉だけついて、やせられないあなたへ

null

んにちは!
 

スポーツトラベラーKANAです!

 




 

今回は、

 

「腕や脚にすぐに筋肉付く!」

 


基礎代謝が高いはずなのに、、
体脂肪が減らない、、

筋肉も脂肪も付いた固太りな感じに
悩まされているあなたへ。

 

私もきついトレーニングするのに、

全然、やせない。

 

また、細くなりたいのに、

筋肉が・・・・

 

 

なんてことが良くありました。

 

 

でも、すべて、これが原因だったのです。

 




筋肉が付く=基礎代謝が高い!の誤解

 


一般的に基礎代謝
筋肉の量に比例する!
というのが原則となります。
 

 

 


しかしながら、

 


「筋肉がつくのに痩せない、、」

 


という悩みが多いことも事実。
 

 


これは外側(腕や脚)への筋肉が多く
内面(体幹周り)への筋肉が少ない、
というバランスの時に起こります。





見た目の筋肉では見れない体質


仮に、全身の筋肉量の平均を50として
外側に80→筋肉質
内側に10→見た目には分からない
となると、全身平均45。
 


見た目には筋肉質でも


「全身で見ると筋肉量が少ない、、」


という体質が現れます。

単にインナーマッスルを鍛えよう!


では、

 

不要についた外側の筋肉を減らすこと

 

は難しいもの、


両者のバランスをとりながら
内側に筋肉を付け、外側を減らす
ことが必要です。





華奢な筋肉質作り

 


ポイントとなるのは、
身体のねじれの筋肉の働き。

外側の筋肉は前後の動作
内側の筋肉は姿勢維持動作

 


がよく取り入れられるもので、
分けて考えられがちですが、
両者が同時に働き合うのが
このねじれの動作になります。
 


痩せの筋肉質作り

 

 


仰向けになり
両手両足を伸ばします。



 

 


対角の手足を持ち上げ
つま先と手先をタッチします。



 


地面側の手足は、
地面に押し付けたまま
交互に10往復行いましょう。



対角線上にねじる


→地面に押し付けた手足。
身体の前で合わせる手足。


体幹中心の全身のねじれが出て
外側、内側の筋肉が
バランスよく
使われます。

 



負担がかかりやすい外側の筋肉が
内側にその負担を逃がせるようになり
見た目に華奢で基礎代謝の高い体質
作られていきます。


「筋トレしても、、」
「筋肉がつくのに痩せない、、、」


あなたはご参考にしてください。