読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くびれを作るのは、諦めましょう。革命的な方法をお教えします。

こんにちわ
 
スポーツトラベラーKANAです。
 
 
 
 
 
 
くびれるよりも位置を上げる!
去年のサイズが着れない、
ウエストがきつくなった、
春服へ移る時に感じるこれら。
 

f:id:kana656zin25:20170223113030j:plain



くびれを作るエクササイズ!
と取り組んでも、なかなかくびれない。

年々くびれづらくなり、
ダイエットを繰り返してしまうあなたは
お腹よりもヒップに原因があります。





ヒップー骨盤ーくびれの関係
お腹の縦線や斜め線と異なり、
くびれはお腹自体は関係しません。

くびれ位置を決めるのは骨盤の傾き。
年々、姿勢の筋肉の低下により
骨盤が後ろ方向に傾くと
肋骨位置が下がりくびれが失われます。

ここで毎日腹筋を繰り返しても
お腹が硬くなるのみで
くびれに繋がることは少なくなります。





くびれを上げるためのヒップエクササイズ
これらかも、くびれを作る基本は
肋骨の位置を上げる
お腹のねじれの柔軟性を増やす
骨盤の後傾が改善する
この3つが合わさること。

年々くびれがなくなる、、の悩みには
無意識にも減少していく
姿勢筋を使うことが最も効果的になります。

ヒップで作る!くびれエクササイズ

両脚を左側に崩して座ります。

f:id:kana656zin25:20170223112436p:plain


上側の左足を
地面に沿わせたまま
円を描くように後方に動かします。
 

f:id:kana656zin25:20170223112449p:plain



ヒップが硬くなるのを確認し
10回行いましょう。
反対も同様です。

上体を固定し、脚を後ろへスライド
→左足を動かす時、
左のヒップの刺激、右の肋骨の刺激
そしてお腹自体のねじれが出ます。

お腹の伸びる刺激
→腹筋は日常でも、運動でも
縮めることがメイン。

伸びの刺激が不足し、柔軟性が減少。
体脂肪の傾向
関節の動きが少ない部位につきやすい
ことからもくびれをなくすように脂肪がつきます。

このことからも
斜め後ろにねじっていく
伸びの刺激
は有効になります。

ヒップ位置、姿勢も同時に整い
高いくびれのある体型に変わっていきます。


昨年の服は着れない、
年々着られるサイズが上がっていく、、

あなたはご参考にしてください。

 
=======================================
 
以前私が、トレーナーの友人と一緒に
つくったものです。
 
以前は、¥29.000で販売していましたが、
今回無料でプレゼントします。
 
↓↓↓クリック↓↓↓

【日本代表トレーナー直伝】回避不可能ダイエット

 

あなたに、まずは、私の本気を知ってほしいのです。

 

今回は無料でプレゼントします。

 

だから私に約束してほしいのです。

 

「絶対に、今回は最後までやりきる」

 

これだけ約束していただける方には、

今回特別に無料でプレゼントさせて

いただいてます。

 

=======================